るろうに剣心北海道編の漫画4巻&続き(24話)を無料で読む方法!ネタバレや感想も紹介

るろうに剣心の北海道編4巻&その続きの第24話以降を無料で見る方法や、4巻のネタバレ・感想を紹介しています。

結論からいうと、どちらも「U-NEXT」という無料期間のある電子書籍サービスを利用することで1円もかけずに読むことが可能です。

漫画るろうに剣心北海道編の4巻をタダで読みたい人は、U-NEXT内で4巻を選びます。

また4巻の収録話は第17話~第23話で、その続きの第24話がジャンプスクエア6号に掲載されています。

なのでU-NEXT内でジャンプスクエア6号を選べば、るろうに剣心北海道編4巻の続きを今すぐに読むことが可能になります。

るろうに剣心北海道編4巻のあらすじ・ネタバレを紹介!

剣心が戦うことで凍座白也への尋問を開始

武装集団「剣客兵器」の凍座白也を尋問すべく、五稜郭に降り立った剣心一行。

なぜか機嫌の良さそうな凍座は尋問を受ける代わりに剣心と手合わせすることを条件とし、戦っている間はどんな質問にも答えるとのこと。

条件を受けた剣心は張の刀を借り、凍座と対面する。

戦闘開始とともに斎藤一は尋問を始め、剣客兵器の本拠地は道奥の山中と答える。

そして凍座は相まみえる剣心が本気じゃないことの理由として、「闘志が見えない」という言葉を発する。

凍座の方もいよいよ本気を出してきたようで、水面を走りながらすごいスピードで襲い掛かり、剣心を掴み地面へ叩きつける。

それで剣心にも火が付いたのか、同時九か所を切りつける飛天御剣流の「九頭龍閃」を繰り出す。

まともに受けたにもかかわらず凍座は余裕の表情をみせていることに対し、斎藤は何か術か技を技を使っていると考察する。

鬼の闘志をみなぎらせる栄次が乱入!

剣心と凍座の戦いを眺めていた元新選組の長倉新八が口を開き、剣客兵器と明治政府の富国強兵の考え方は相対していないことを述べる。

さらに明治政府と手を組んで、剣客兵器は政府の一機関となることを提案する。

その提案を受けた凍座は猛者は訓練や演習で作られるものではなく、地獄を潜り抜けることでしか作れないとして長倉の案を却下。

そんな中、陸軍軍人の三島栄次がライフルを持って戦いに乱入、その姿を見た凍座は鬼が育ったと嬉しそうな様子。

志久雄真実一派に恨みを持つ栄次は瀬田宗次郎に銃を向けたかに思えたが、放った相手は凍座であり、球は手で防がれてしまう。

斎藤や剣心の説得により栄治は任務を第一としながらも、十本刀たちには逃げたり裏切ったら容赦しないと激情を見せる。

剣心渾身の二十七龍閃

再び尋問は再会。

凍座の強さや栄次の様子に火が付いたのか、剣心は九頭龍閃をなんと3連続で発動し、張いわく二十七龍閃だということ。

そんな二十七龍閃をまともに喰らいながらも観察を続ける凍座は、剣心の闘姿を「静止する竜巻」と評する。

体の負担が大きい飛天御剣流の技を連発して酷使しすぎたため、剣心はその場で崩れ落ちる。

受けた凍座もノックダウンで意識が落ちる寸前といったところ、最後に斎藤が次の実験戦闘の場所を尋問すると、「小樽」と答える。

一行は次の実験戦闘の地・小樽へ

兵舎に戻った斎藤たち一行だったが、人員・資金の確保が苦しい明治政府の意向を受け、現状戦力のまま剣客兵器を対処することに。

とりあえずは相手側の実験戦闘を阻止するべく隊を3つに分け、剣心と左之助さらに明日郎・阿燗・明の3人を加えて小樽へと向かうことになった。

凍座との戦いによる疲労で数日間眠り続けていた剣心を気遣ってか、次の先頭には自分が前に出ると左之助。

小樽の街に出回っている雅桐刀

小樽に到着した一行、さっそく繁華街へと繰り出す。

活気がある街という印象だったが、その割には帯刀している者が多く何やら不穏な空気が漂っている。

そんな時、チンピラ同士が肩をぶつけ合って揉め事に発展し抜刀するのだが、その様子をみていた町人・老人・子供たちまでもが一斉に抜刀する。

つまりは町中の人間全員が刀を持っているということ。

そんな街の様子に驚きながらも、左之助が粋がっているチンピラたちを殴り倒しその揉め事を抑える。

役所にて事情を聴くと、ニシンの一大漁場として栄えるとともに治安が悪化し、ある時から桐に雅一文字の紋が施された通称「雅桐刀」が街に出回るようになったとのこと。

雅桐刀の出所を探る一行だったが、なかなか有力な情報を得ることができず、頻繁に起こる揉め事の対処に苦闘する剣心と左之助だった。

るろうに剣心北海道編4巻の感想まとめ

以上、るろうに剣心の北海道編4巻のネタバレ・あらすじの紹介でした。

この巻の見どころとしてはなんといっても、渾身の二十七龍閃ですね。

飛天御剣流の中でも最速の9連撃を3連発繰り出すなんて、剣心は尋問する気があったのでしょうかねw

またそれでも意識を保つ凍座の堅さにも驚きですし、再び目を覚ました凍座はさらに強くなっているとのことです。

長倉新八や宗次郎の活躍も楽しみではありますが、このレベルの敵が大勢いる剣客兵器を相手にするとなると、現在の戦力では結構厳しいでしょうね。

なんとも危ない雰囲気漂う小樽に着いた剣心と左之助の身に今後何が起こるのか、これからお目の離せない展開が期待できます。