鬼滅の刃の最新刊【16巻】を無料で読む方法とネタバレを紹介|産屋敷と無惨の対面そして

このページでは2019年7月4日に発売された、漫画「鬼滅の刃」の最新刊である16巻を無料で読む方法を紹介しています。

15巻ではやっとの思いで半天狗を倒し、禰豆子は太陽を克服。そして鬼殺隊では柱稽古が始まるというところでしたね。

今回はそんな柱稽古の最中に、鬼舞辻無惨がお屋形様である産屋敷耀哉の前に登場します。

それでは鬼滅の刃16巻を無料読みする方法、さらにあらすじ・ネタバレと実際に読んだ感想・考察のまとめなども併せて解説していきます。

鬼滅の刃16巻を無料で読む方法はズバリこれ!

鬼滅の刃の最新刊16巻を安全に無料で読む方法は、無料登録期間のある電子書籍サービスを使ことです。

タダで読める電子書籍読サービスはいくつかありますが、その中でも一番おすすめできるのがU-NEXTです。

U-NEXTは1ヶ月間の無料トライアルがあり、さらに初回登録で600ポイントを貰うことができます。

そのポイントは登録後すぐ利用することが可能なので、鬼滅の刃16巻を今すぐに読むことができるのですね。

またU-NEXTでは15万本以上の動画を扱っており、その内の8万本以上は見放題対象作品なので、あなたが好きなアニメ・映画・ドラマを好きなだけ観ることができます。

またU-NEXTで購入した電子書籍の金額の最大40%がポイントとして還元されるなど、書店や電子書籍サービスで買うよりもお得にマンガを買うこともできます。

U-NEXTは月額課金サービスですが、トライアル期間の1ヶ月以内に解約すればもちろん費用は発生しないので、安心して利用してください。

鬼滅の刃16巻のネタバレ・あらすじを簡潔に紹介

岩柱・悲鳴嶼の過酷な柱稽古

岩柱である悲鳴嶼の元へと到着した炭治郎、柱稽古として命じられたのは、滝に打たれる・丸太三本を担ぐ・岩を一町先まで押して運ぶという内容でした。

悲鳴嶼は一切の妥協は許さないので修業は過酷を極めますが、それでも炭治郎がなんとか滝修行と丸太修業の2つを完了するも、最後の岩を運ぶことができないまま数日が経過。

どうしたものかと悩んでいるところに玄弥が現れ、集中力を極限まで高められる「反復動作」について教えてもらう。

反復動作は人によって内容が異なるらしく、炭治郎は大切な人の顔を思い浮かべることと、煉獄さんにかけてもらった言葉を思い出すことを反復動作とすることで、岩を動かすことに成功する。

産屋敷耀哉と鬼舞辻無惨がついに対面する!

病に伏せる産屋敷の元へ、怨敵である鬼舞辻無惨が登場しついに2人は初めて対面する。

終始見下した言動を放つ無惨に対し、産屋敷は自分たちは同じ血筋であることや一族がかかった呪いについて告げるも、無惨は何の因果関係もないとそれを一蹴する。

産屋敷は自分がやられたとしても鬼殺隊には何のダメージもないが、無惨が倒れればすべての鬼が滅びるだろうと指摘、図星だったのか無惨の顔色が明らかに変わる。

その瞬間、産屋敷邸が轟音とともに爆発。

無惨の来訪を予知していた産屋敷は、屋敷に大量の爆薬を仕込み、妻と子供もろとも自爆したのでした。

産屋敷の常軌を逸した行動によって、無惨はかなりの深手を負ってしまい、さらに駆け付けた珠世が体の自由を奪う血鬼術で無惨を縛り、鬼を人間に戻す薬を打ち込む。

到着した悲鳴嶼が無惨の頭部を破壊するも肉体は再生し、頸を切っても無惨を倒すことができないことと、日の光に晒すしかないことを理解する。

鬼殺隊の柱達が現場に到着。それぞれの柱が無惨に攻撃を与えようとした矢先、鳴女の無限城が出現し、個人がバラバラの状態で異空間へと誘い込まれてしまいます。

胡蝶しのぶが姉の仇である上弦の鬼・童磨が対峙する!

無限城に落ちた蟲柱の胡蝶しのぶが、血の匂いに誘われて開けた扉の先に待っていたのは、ニコニコと屈託なく穏やかに喋る上弦の鬼の童磨。

その童磨が対になっている扇を武器としていることから、童磨が自分の姉の仇であることを理解してしのぶは激高する。

筋力が弱く鬼の首をはねることができないしのぶは、毒刃による高速の突きで童磨に攻撃を仕掛ける。

毒をくらい苦しそうな様子を見せるも、体内で分解したとしてすぐに立ち上がる童磨。

童磨はしのぶが刀の鞘で毒の調合を変えていることに気づき、ドンドン試してみることを楽しそうに提案する。

しのぶが次々に毒の攻撃をしかけるもそのすべてが効かず、逆に童磨に鎖骨・肺・あばらを斬られ重傷を負ってしまうも、再び立ち上がるしのぶ。

耐性ができるスピードが早すぎる童磨に対しては、やはり急所の頸に毒を叩きこむしかないと決め、四方八方にうねるような超高速の動きから童磨の頸に刃を叩きつけることに成功した。

鬼滅の刃の最新刊【16巻】を実際に読んだ感想・考察のまとめ!

以上、鬼滅の刃16巻のあらすじ・ネタバレでした。

感想としては、今回の一番の見どころはお屋形様である産屋敷の自爆でした。

無惨に悟られないよう顔色一つ変えることなく、しかも嫁子供もろとも爆発させた事実が驚愕でしたね。

実弥が言ったように産屋敷の側に柱を護衛させていれば、もう少し何とかなったのではと思うのですが、産屋敷は代々護衛を付けていないとのこと。

柱達が一堂に会した場面はとてもカッコよくてテンション上がりましたし、完全に虚を突かれた無惨に対しての柱達の攻撃は、本当にあと一歩というところでしたね。

今後は無限城内で炭治郎や柱達が、続々と現れる上弦の鬼と順番に対決していくと予想され、ますます目が離せない展開になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA