DAYS 最新話312話のネタバレ・感想を紹介|父に感謝する君下と流れるようなパスワーク

このページでは、2019年9月18日発売の週刊少年マガジンに掲載されている、DAYSの最新話312話「父と子」のあらすじ・ネタバレ、読んだ感想を書いてます。

苦しい家計の中で精一杯応援してくれる父の思いを胸に最善を尽くす君下と、聖蹟の流れるようなパスワークが炸裂します。

ここでは文章のみのネタバレなので、もし絵付きDAYSの312話が読みたいという方はU-NEXTにて、2019年9月18日発売の週刊少年マガジンを無料で読むことが可能です。

DAYS最新話312話のあらすじ・ネタバレ

夕食時の君下家にて、君下の父親が申し訳なさそうに店を閉店することを告げるも、決断するのが遅いぐらいだと不愛想な君下。

それを受けて父は息子に経済的な心配をかけないよう、他の仕事が順調なことや今後もサッカーは続けられることを明るく話す。

そんな父との話を思い出しながら、君下はラインを割りそうなボールにスライディングで果敢に飛び込み、ボールをピッチに残す。

すかさずチェックしにきた桜高の鵜飼に対して、強引にドリブルで突っかける君下。

鵜飼に体を入れられボールを取られそうになるも、身体を投げ出しながらまたもやスライディングで中央にいる大柴にパス。

如月に密着マークされている大柴は、潰れ役になりながらポストプレーにて臼井にパスをおくる。

大柴からきたボールに対し臼井は素早く判断し、横にいる水樹にダイレクトパス。

トラップが苦手な水樹には処理が無理かと思われたが、しっかりとボールを止め素晴らしいトラップを見せ、さらに桜高2人のDFの間をドリブルで一瞬で抜き去る。

それらのプレーを先に読んでいて犬童がプレスに行くも、水樹は華麗なマルセイユルーレットを見せ犬童を置き去りにし、ついにGKと1対1の場面になる。

水樹はシュートを打つ瞬間、聖蹟に入りたての頃の下手糞ながらも心からサッカーを楽しんでいた過去を思い出しながら、桜高のゴールマウスに向けてシュートを放つ!

DAYSの312話「父と子」を読んだ感想

以上、DAYSの最新話312話のあらすじ・ネタバレでした。

今回の話では、不愛想で毒舌ではあるけど内側には本当に熱い心を持っている君下がしっかりと描かれていましたね。

家庭の事情がありながらも精一杯頑張ってくれている父親に対して、なりふり構わない泥臭いプレーにて感謝の気持ちを表現しています。

さらにその君下の気持ち・プレーを受けて、「このボールは奪われるわけにはいかない」といったように、不本意な役割をきっちりと行う大柴もまた熱い!

そしていつでも冷静沈着な臼井から、頼れるキャプテン水樹へのダイレクトパスといったように、聖蹟主力選手による流れるようなパスワークは見ていて胸がすくような思いでしたね。

そしてここ一番で完璧なトラップとドリブルを見せた水樹の放ったシュートは、果たして桜高のゴールネットを揺らすことができるのか?

DAYSの313話もますます見逃すことができません!